デビットカードのエラーコードには、様々なものがある!

デビットカードの端末操作中には、さまざまなエラーコードが表示されることがあります。
ここでは、よくあるエラーコードと内容について紹介します。
G85は、「利用口座エラー」で、デビットカードサービス対象外の口座のカードが使用された場合です。
貯蓄預金、カードローンなどの一部口座は対応していない場合があります。
C20は、「被仕向判定エラー」で、クレジットカードを読み取ったり、デビットカードサービスを提供していないカードが使用された場合です。
G97は、「当該要求拒否」で、金融機関側の何らかの理由により処理できない場合です。
金融機関のシステムに依存しますが、取引要求データが不適切なため処理できない場合です。
これらのエラーは、キャッシュカード機能とデビットカード機能をカードの向きを変えて使うようなダブルストライプ型カードで、誤った向きで読み込ませた場合に発生するケースが増えています。
G60は、「事故カード、口振カード利用停止口座」で、利用停止となった口座のカードが使用された場合です。
G07は、「限度額オーバー」で、カード発行金融機関が定めた利用者の1回あたり、1日あたりの利用限度額の上限を超えてしまった場合です。
G94は、「取消対象電文なし」で、元取引が存在しない、元取引が既に取消済み等でありながら、再度取り消し作業をしようとした場合に発生します。
G06は、「残高不足」で、利用者の口座残高が不足している場合です。
G42は、「認証番号エラー」で、利用者が入力した暗証番号に間違いがあった場合です。
http://xn--t8j4aa4nyh9e1ajk0h8v.net/

,,