赤ずきんをモデルにした銀座カラーの宣伝方法が話題

脱毛という以前はかなり金額的なハードルが高かった美容法を、脱毛のみを専門に行う脱毛サロンは、そのリーズナブルな価格設定によって、多くの女性の手が届きやすい存在にしてくれました。そんな脱毛サロンの人気の高まりから、全国にたくさんの店舗が誕生するようになっており、その中には全国的な規模を誇る大手サロンのチェーン店が少なくありません。そういった大手サロンは大きな都市の、しかも駅の近くに店舗を構えることが多いので、お客さんを取り合う競争はなかなかに激しいものがあります。そういった競争の中で、ライバル店と差を付けるために効果的なのは、広告やテレビCМなどの宣伝を上手く利用することです。もちろん脱毛技術やサービスを向上させることも大事なのですが、まずはお店に来てもらうことが肝心なので、宣伝の重要性が高いのです。銀座カラーはそういった宣伝を上手に行っていることで、いま若い女性たちを中心に大きな話題を集めています。その広告やテレビCМの中では、誰でも知っているであろう有名なおとぎ話、「赤ずきん」をモデルにしたキャラクターたちを登場させているのですが、特徴的なのは、その中心となるキャラクターが本来の主人公である赤ずきんちゃんではなく、敵役であるはずのオオカミだという点です。しかも着ぐるみを使うなどしてリアリティーのあるオオカミを表現するのではなく、人気男性アイドルがオオカミの耳を付けた状態で登場し、複数いる赤ずきんちゃんたちから愛される存在として描かれています。そのようなユニークな発想を実際の形にできるという企業としての余裕も、銀座カラーの強みと言えるのかも知れません。
銀座カラーが支持される理由|口コミでも人気の秘密を徹底調査!はこちら